レディー

老人性イボは治療で無くせる|芽が出ぬうちに

種類、原因、治療法

2人の婦人

種類、原因、解決手段

しわに悩む中高年女性は多いですが、実は悩んでいるしわは多くありそうで実は2種類しかありません。それは何かというと、ほうれい線と眉間のしわの2つです。特に、眉間のしわは人に与える印象が大きいので早期に治療したい人が多い傾向です。この眉間にできるしわというのは原因がはっきりとしています。表情筋の動きによって作られるのです。そのため、この表情筋を抑制することで改善することができます。実際に治療としてよく用いられるボトックス注射は表情筋の動きを抑える働きがあります。眉間にできやすくなったと感じる初期の頃には、このボトックス注射がおすすめです。放置しておいてしわが深くなるとボトックス以外の施術も組み合わせる必要があります。

ヒアルロン酸注射

眉間のしわの症状が重度になってくると、ヒアルロン酸注射を受ける必要も出てきます。溝ができるほど深いしわになると、ヒアルロン酸を注入したら、肌が盛り上がります。注入した後は3日間程度はふくらみ気味になりますが、だんだん良い仕上がりになります。その効果の持続期間は半年から1年程度です。1年後には肌に吸収されて徐々に効果が消えていきます。この施術に関しては、特定の部位に注入することもできますし、顔全体に注入することもできます。後者の場合は眉間だけでなく顔全体のしわの改善につながります。ただし、少量しか注入できないので、効果があらわれるのが遅いです。施術を終えた後は飲酒やサウナや日光浴などは避けましょう。